泳ぎ方のコツを学ぶ前に初心者が知っておきたいこと

小学校や中学校では体育で必ず「水泳」の授業があります。今回は『水泳のコツ』について解説をしていきたいと思います。

水泳の授業は、海や川・湖と水に囲まれた日本では絶対に必要な種目で、命を守るためにも大切な技術です。

小学校では「着衣泳」という課題も行っているところが多く、毎年、川や海で溺れて命を落とす子どもたちが、一人でもいなくなるための手段を教えています。

初心者が泳ぎ方のコツを学ぶ前の心構え

 

 

学校では、まず泳ぎ方のコツを学ぶ前に、水に入る前のマナーを指導します。子どもたちの事故の中には、学校で発生するものもあります。中でも、指導者の指示を守らずに、授業中にケガをしたり命の危険にさらされるのが、体育・技術家庭・理科・社会です。

しかし、いずれも社会に出て自分の身を守るために、必要な科目です。

今の子どもたちは、家庭環境が様々で目上の人や学校の先生の言葉に耳を貸さない、ということが増えています。

「キレてしまう」という子どもも多くなり、プールの授業は一人の先生が責任をもって指導するというのは、難しくなっています。

一方、体育の先生たちの仕事は他のどんな仕事よりもハードで、年齢はもちろんですが、若い世代の中にも成り手が少なく、不足しているのが現状です。

そこで、泳ぎ方のコツを学ぶ前に、まずは水泳をするということへの危険性やマナー・ルールを正しく理解しなければならない、ということを知りましょう。

また、指導をしてくれる人の指示には、ちゃんと意味があります。

正しく楽しく泳ぐということは、指導をしてくれる人の指示をしっかりと聞いて、安全に行うということを理解してください。

水泳初心者が泳ぎ方のコツを学ぶ前に

 

水泳初心者が泳ぎ方のコツを学ぶ前に

 

水は怖くありません。しかし、水は怖いものです。

準備体操なしで、いきなり水に飛び込む危険性は、小学校の最初の授業で行いますが、小学生では正しく理解していない子どももいます。

睡眠不足や、朝食を食べていない、疲れている、病気に感染しているという場合は、泳ぐことは危険ですので、お休みしましょう。

同じ体育でも、一番カロリーを消費するのが水泳です。水の中を歩くだけでも、普通の歩行の何倍ものカロリーを消費します。朝ごはんを抜いて水泳の授業を受けるのは、血糖値の急激な低下につながり、貧血を起こすこともあり危険です。

また、病気に感染している人も水泳はやめましょう。

皆さんがご存知の「病原性大腸菌o-157」が日本で初めて猛威を振るった時にプールでも拡大感染がありました。感染しながらも発症していなかった子どもたちが、プールに行ったことで、他の人たちにも感染させてしまった、ということです。

また、プールサイドでのマナーをしっかりと身に着けることも大切です。プールサイドで走り回らないのは当然ですが、周囲を考えずに、飛び込んだり、他人を水の中に突き飛ばす、引きずり込むのは大事故の原因になります。

芸能人のバラエティ番組の影響で、マネをする子どもがいますが、危険であることをしっかりと知る必要があります。

体調の管理や準備体操、そしてプールサイドでのマナーの心構えを身に着けてから、やっと泳ぐための準備ができます。

泳ぎ方のコツとマナー

 

 

泳ぐためのマナーを知ることは、泳ぎ方のコツを学ぶ上で基本となるものです。

準備体操が終わったら、シャワーを浴びて十分に水に慣れて、身体を清潔にします。

水にいきなり入るのではなく、足元から徐々に入り水の冷たさや水圧を確認します。温水プールは違いますが、どんなに暑い夏でも水は冷たいです。特に、周りが暑いほどその差がありますので、急激に入ることはやめましょう。

初めて入るプールの場合は特に、水の深さも確認します。ステップなどを使って、水に入りながら水底の位置、水深を身体で確認すると良いでしょう。水泳が苦手、という人は子の注意を怠り、いきなり足がつかないようなプールで、溺れかかって苦手になるということがあります。

また、ふざけていた周囲の子どもが原因で、いきなり水に突き落とされて溺れかかり、怖くなるということも良くあります。

悪気がない、とよく言いますが、ふざけて他人に迷惑をかけることは、場合によってはその人の人生を変えてしまいます。特にプールの場合は、悪気以上の罪悪です。子どもだから罪がない、というのは日本の考え方で、アメリカでは万が一のことがあれば、立派な犯罪になってしまいます。

マナーを守ることは、正しく水泳を学ぶ第一歩です。

水から出たときは、しっかりと点呼をし、水の中で事故にあっている人がいないことを確認します。

シャワーを浴びて、プールでついた塩素消毒をしっかりと流し、目を洗います。放っておくと、目の病気になります。こういった何気ないことでも、水泳嫌いになってしまう原因になります。

耳や鼻に水が入ったときも、しっかりと外に出しておきましょう。中耳炎や鼻炎、結膜炎などプールでかかる病気の予防をするのも、楽しく水泳をする大切なコツです。

泳ぎ方のコツを学ぶための用語

 

 

水泳には基本用語があります。指導をする人や監視員の人に、言われても何を言われているのかわからないと、理解をすることが難しいです。そこで、水泳を指導する人が使う、専門用語を知っておきましょう。

〇バディ…ダイビングや登山をする人が、二人一組で行うことで、相手の安全を確認しながら互いを励ましあい協力しあう関係を「バディ」といいますね。水泳も同じです。

水泳も危険なことを伴うスポーツのため、二人一組で互いに安全を考えながら泳ぐことが必要です。一人きりで、プールで泳がずに、必ず二人以上で行動をするようにしましょう。

〇グライド…水の抵抗を最小限にして進むことをグライドといいます。水泳の場合は、スクロールの時に手を伸ばすことで水の抵抗を最小限にできるため、これをグライドということもあります。

〇キック…脚で水を蹴ることです。クロールや平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライとそれぞれ違ったキックの形があります。一つ一つ正しい形を覚えていきましょう。

〇ストローク…腕で水をかくことを言います。または、泳ぎ方をストロークということもあります。

〇コンビネーション…手と足と呼吸の動作をタイミングよく合わせて泳ぐことです。これが上手になると、早く楽に泳げるようになります。

〇ブレス…息継ぎのことです。水の中を進む水泳は、泳ぎながら顔を外に出して息をする必要があります。初心者が最も苦手とすることがこの動作です。

〇キャッチアップ…水を掻いた手を毎回、前で両手をそろえる動作のことです。簡単なようで難しい動作ですが、きれいにできるととても楽に泳げるようになります。

このほかにも、泳ぎ方の名前や動作名「フリー」「ダイブ」「エントリー」「プル」「リカバリー」など色々な水泳用語があります。

泳ぎ方のコツを知りたくても、教えてくれる人が何を言っているのかわからない、では困りますね。指導者の指示を理解するためにも、正しく覚えておくことが大切です。

水泳の初心者が教科書で学ぶこと

 

 

今回は水泳の技術というよりも、初めて水泳を学ぶ人が、泳ぐ前に知っておいてほしいことをお話ししました。

ここまでのお話は、中学生の子どもたちが、体育の授業で水泳を学ぶ前に行っている、体育の教科書に載っているものです。当たり前のことかもしれませんが、その当たり前ができないから、水の事故が後を絶たないのです。

子どもたちが正しく学校で学ぶためには、周囲の家族の考え方も大切です。いくら子どもが学校で、水泳の方法や心構えを学んでも、目上の親や兄姉が一緒にプールに行ったときに、ふざけた行動をすれば、せっかく学んだことが無意味になってしまいます。

学校だけでなく、みんなが正しい意識をもって楽しい水泳をしましょう。

まとめ

 

 

泳ぐことは、誰でもコツをつかめば簡単にできることですが、そのためには最低限の知識と理解も必要です。

学校の水泳では、ただ技術を教えるだけでなく、集団の中で正しく、楽しく水泳授業も行っています。子どもの体調が悪そうだな、という時は無理をしないこと。そして水泳の授業はもちろんですが、友だちとプールへ行く前日や、スイミング教室のある前日は、早めに就寝し、寝不足にならないように気を付けましょう。